奈良の介護ヘルパーはまごころ福祉

奈良の訪問介護夜間巡回型訪問介護居宅介護支援サービス平城・朱雀のグループホームまごころ福祉の会社案内奈良のヘルパー募集

 

認定の区分

介護保険でサービスを受ける場合、要介護認定を受ける必要がありますが、認定の結果は大きく分けて要介護と要支援と非該当に区分されています。区分によって受けられるサービスの範囲や限度が決まります。
要介護
 
要介護1から要介護5までありますが、居宅介護支援事業所のケアマネージャーが利用者の状態に合ったケアプランを作成し、介護給付を受けて、介護サービスや地域密着型サービスが利用できます。
 
要支援
 
要支援1と要支援2がありますが、いずれも居宅介護支援事業所のケアマネージャーか、地域包括支援センターの保健師が利用者の状態に合った介護予防プランを作成し、状態が悪化しないように介護予防サービスや地域密着型介護予防サービスが利用できます。
 
非該当(自立)
 
今後、要支援・要介護状態になるおそれのある人は、地域包括支援センターのケアプランの作成を受けて、介護予防サービス(地域支援事業)が利用できます。
また、当社では利用者に合った独自の訪問介護サービス(自費)を提供 してます。
 
要支援と要介護のランクの詳細につては要介護度のランクをご覧ください。
 
 要介護認定相談受付  まごころ福祉 居宅介護支援事業所
 0742-52-8244
 
サイトマップ Copyrights (C) 2006 Magokoro Fukushi Corporation, All Rights Reserved.

お問い合わせ